民衆の歌

国会前で高校生達が歌を歌っている。
レ•ミゼラブルの「民衆の歌」
歌が商品として生産/消費されるのでなく、人と人とを結びつける情念の共振動、民衆芸術として路上に回帰してきている。歌われる歌の新しい、古いは関係な い。歌のアクチュアリティは、どのような状況の中でその歌が歌われてきたか、だからだ。いつの時代も、文化はこうやって路上から、抵抗の中から生まれてくる。